ようこそ ゲスト さん  ユーザー登録       ログイン       ヘルプ  

統計思考入門 ― プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ

統計思考入門 ― プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ

統計思考入門 ― プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ
在庫なし
出版社: プレジデント社 
カテゴリ:  
発売日: 2014-04-10 

統計思考入門 ― プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ の解説

統計思考──それは、究極のビジネスツール。
多変量解析の理論や計算式を説明できなくてもいい。
数字とデータをいかに使い、そして発想するか。



──ものの見方のバリエーションを増やすことは、モノゴトの本質をとらえるための近道です。
本書では、さまざまな仕事の場面における実践例、具体例をあげながら、
企業の活動やマーケティング戦略を導く手順に関して、
統計分析の手法をあてはめて考えてみます。

まずは統計の背景にある考え方やプロセスを理解することから始めてください。
そして、できる限りいろいろな場面で実際に応用してみてください。
ビジネスの現場では、そのときどきの、それぞれの立ち位置において最良の解が要求されますが、
統計的な考え方、ものの見方はそうした局面において役に立ちます。

さらに、何度もこうしたプロセスを繰り返していくなかで、
何気なく見過ごしていたり、見えているはずなのに気がついていなかったりしたことが、
ある日突然目の前にぱっと浮かび上がるときがあります。
そう、まさに「ひらめき」を獲得する瞬間です。
一人でも多くのビジネスパーソンに、この至福の瞬間を味わっていただきたいと思います──


【目次より抜粋】
◆第1章:数字で考えることのおもしろさ
〜仮説を検証し、気づきを導くための手順
人気ショッピングセンターをつくろう
顧客の声を数値化する方法

◆第2章:「同じもの」のなかに違いを見つけ出す
〜視点を変えることでモノゴトの差異を発見する方法
「109」について考えてみる
「似たもの同士」のなかに個性を見出す

◆第3章:「違うもの」のなかに同じところを見つける
〜見えない本質を浮き彫りにする方法
いったい顧客はどこにいるのか
小売業10社に共通点を見つける
企業間の距離を測る

◆第4章:「全体」から「小さい全体」をつくる
〜母集団を正しく代表させる標本のつくり方
はじめに全体(母集団)を決める
全体(母集団)を正しく縮小させる方法
無視してもかまわない違い

◆第5章:「事実」は「真実」と一致するか
〜観測されたデータを検定する方法
標本は本当に全体を代表しているのか
街頭調査は信用できるか
はっきりしない全体を部分から推定する

◆第6章:「迷い」から抜け出すための手法
〜シンプルな意思決定モデルのつくり方
手を引くべきか、続けるべきか
グレーゾーンを一刀両断する技術
関係づけを行うための変数を見つける
重回帰式で予測モデルをつくる

◆第7章:数字に現れた現実にいかに対処するか
〜数値化できない心のなかを数値化する方法
男性が求めるもの、女性が求めるもの
個体と設問項目を同時に分類していく
個体を上手に分類する軸を見つける
設問の選択肢と個体の分布状況を見る

◆第8章:自然公園がもたらす経済効果は?
〜お金で買えないものに値段をつける方法
安心・安全の価値をお金に換算してみる
同じタイプの公園からデータを得る
市にとっての経済メリットは?

◆第9章:統計的アプローチで発想するということ
〜モノゴトの関係性を数字を使ってとらえる手順
日常の行動を科学的に再現する
朝食・出社時間と成績の関係を探る
三つの相関関係を同時に見る
統計的アプローチで発想し実践する
現在ブックマークしているユーザーはいません。
今ブックマークすると、ロングテール発見ポイントが手に入ります。